QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
toolsalejp
店長情報 › 3本入ハンドピース › dental › 歯茎を損なう恐れがあります

2019年08月23日

歯茎を損なう恐れがあります

抗生物質
かつて多くの子供たちが四環素を使うために四環素歯が現れ、歯が茶色や灰色褐色に変わったことがあります。現在8歳未満の子供はすでにテトラサイクリンの薬物を禁止しましたが、抗生物質は歯に対する危害に対して依然として警戒に値します。長期にわたり高用量抗生物質を服用して、口腔真菌の感染を引き起こすかもしれなくて、医者の指示に従って抗真菌のうがい水を使って調子が悪いことを緩和することができて、必要な時、また正規の病院の口腔科に行って診察を受けるべきです。
https://www.shikasale.com/

抗てんかん薬
ベンゼンの適切な英ナトリウムはてんかんを治療する第一選択の薬で、しかし長期にわたり服用して歯茎を引き起こしやすくて増殖して、発病率は長期の薬品使用者の20%を占めて、多く子供と青年の患者に見られます。似たような薬はフェニルバビオ、バーミトンなどがあります。

免疫抑制剤
例えば、環胞素などの免疫抑制剤は、リウマチ性関節炎、赤斑狼瘡などの免疫抑制疾患や臓器移植の患者に多く使われ、歯茎を損なう恐れがあります。
上記の薬を除いて、一部の抗アレルギー薬、抗うつ薬は唾液の分泌を減少させ、歯周の健康に影響します。

虫歯は虫歯歯科コントラです。
刺激痛として表れています。冷遇や熱痛、あるいは甘いものを食べても痛みがあります。普通は甘いものをそのまま食べて歯が痛くなることはありません。他のものを食べても歯が痛いに違いないです。甘いものは糖度が多く、口腔細菌に利用されて酸が形成され、歯を腐蝕して虫歯になり、歯の痛みを引き起こします。


同じカテゴリー(dental)の記事
 虫歯ができやすくなり (2019-09-19 15:47)
 基礎治療 (2019-09-18 11:16)
 子供の歯の矯正後のケア (2019-09-16 11:46)
 妊娠中によくある歯の病気 (2019-09-15 10:06)
 隣の歯も腐っています (2019-09-14 11:37)
 実際に口臭の原因は様々です (2019-09-12 12:02)

Posted by toolsalejp at 10:23│Comments(0)dental
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。