QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
toolsalejp
店長情報 › 3本入ハンドピース › 歯の欠損、歯周病

2019年08月28日

歯の欠損、歯周病

歯槽の骨が萎縮し,歯が抜かれた。
歯を固定する歯槽骨は、それを包む歯茎に頼って養います。だから、歯茎が繰り返し炎症を起こすと、下の歯槽骨が刺激される一方、歯槽骨に供給される養分が減少し、歯槽骨が萎縮して短くなります。このように外に露出している歯の根はますます多くなります。歯を固定する力はますます小さくなり、歯がゆっくりと緩み、最後に抜かなければなりません。歯を塞ぐ原因は何ですか?

歯の噛み合いが悪い私達は健康な歯が上下対であることを知っています。これで暗黙の了解ができます。歯の並び方が乱れていたり、混んでいたりすると、上下の歯の噛み合い関係が変わり、言葉が合わないと食べ物を反対の歯の隙間に残しやすくなります。
https://www.shikasale.com/category-94-b0-%E6%AD%AF%E7%A7%91%E7%94%A8%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88%E8%A3%85%E7%BD%AE.html

歯が過度に磨耗する
歯のかみ合わせ面はくぼみで、凹凸があることを知っています。医学的にはみぞおちといいます。巣溝の役割は、噛み合い面積を増やし、摩擦力を高め、食べ物をより効果的に磨き上げることです。

また、かみ合うときには上下の歯のみぞが形成されています。噛まれた食べ物がこれらの「軌道」に沿って排出され、歯のすき間の近くに留まらないようにします。特に高齢者の歯は、基本的には过剰な摩耗があります。巣沟の形态が変わると、食べ物の流れが悪くなり、歯诘まりが起こります。

歯の欠損、歯周病光重合照射器
ある人は生まれつき歯のすきまが大きすぎて、ある人は虫歯のためで、ある人はものを食べる時骨などの硬い食品を噛んで歯のへりが欠けて歯のすきまを形成することを招くので、これらの各種の原因の“歯のすきま”はいずれも歯を塞ぐことを招きます。正しくないと歯茎が萎縮し、歯の隙間が増大します。



Posted by toolsalejp at 21:13│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。