QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
toolsalejp
店長情報 › 3本入ハンドピース › dental › 口腔の問題5大危害

2019年08月28日

口腔の問題5大危害

危害1:歯病関連関節炎、腎臓病
歯の病気は直ちに治療していないで、歯の根の部で病巣に感染して、関節炎、腎臓炎、目の病気などを誘発することができて、すでに医学界の熟知する医学の常識で、そのため歯の病気を軽視することができなくて、小さい病気のため誤って大病にかかります。

危害2:心臓疾患
口腔の疾病の病原菌とその発生の毒素は血液に侵入することができて、関連している抗体、凝集素などを生むことができて、亜急性感染性心内膜炎、冠状心症などの心臓の疾病を強めてあるいは引き起こします。大量の研究により、歯周炎は冠状動脈性硬化症の急性発作の独立した危険因子であることが確認され、急性発作や全死亡率にも顕著な関連がある。

糖尿病の検査大量の研究結果によると、糖尿病と歯周病 https://www.shikasale.com/category-85-b0-%E9%9B%BB%E5%8B%95%E5%BC%8F%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC.html の発症には共通の危険因子があり、歯周病と糖尿病は双方向の関係があり、互いに危険因子であることがわかった。研究によると、糖尿病の患者は常に異なる程度の口腔病変を併発しており、糖尿病の人の中で歯周病の発症率が高く、病変被害が深刻で、進行が迅速である。

危害4:脳血管疾患
歯周炎が心筋梗塞や冠状動脈硬化症を誘発するのと同じで、歯周炎も虚血性脳卒中を誘発することができます。歯周炎は脳卒中、冠状動脈硬化症、心筋梗塞の危険因子となります。研究により、歯周炎は脳卒中の危険因子として喫煙より大きく、他の既知の危険因子とは独立していることが証明された。
https://www.shikasale.com/category-99-b0-%E6%A0%B9%E7%AE%A1%E6%B2%BB%E7%99%82%E6%A9%9F%E5%99%A8.html

危害5:妊娠産婦及び胎児への影響
現在の研究では、歯周病は低体重の赤ちゃんが生まれる危険因子の一つであることが証明されています。重症の歯周病の妊婦の早産と低体重児を生み出す危険率は歯周正常妊婦の7.5倍で、喫煙、飲酒より低い出生体重児に対する影響が大きい。
夏季はどのように口腔の問題に対応しますか?


同じカテゴリー(dental)の記事
 虫歯ができやすくなり (2019-09-19 15:47)
 基礎治療 (2019-09-18 11:16)
 子供の歯の矯正後のケア (2019-09-16 11:46)
 妊娠中によくある歯の病気 (2019-09-15 10:06)
 隣の歯も腐っています (2019-09-14 11:37)
 実際に口臭の原因は様々です (2019-09-12 12:02)

Posted by toolsalejp at 22:01│Comments(0)dental
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。