QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
toolsalejp
店長情報 › 3本入ハンドピース › dental › 口腔潰瘍は風邪と同じです

2019年09月11日

口腔潰瘍は風邪と同じです


一定の時間で歯石は歯茎の代わりに歯根を保護する役割を果たします。この時、歯の結石を洗い落としたら、弱い歯の根が一部露出します。この時、いろいろな重口の食べ物の刺激を受けるなら、歯は犬の帯を選びます。ですから、みんなは歯を洗ってから一週間から二週間以内に、できるだけ温かいものを食べて、柔らかい歯を大切にしましょう。歯が本当に敏感なら、抗敏歯磨きを使ってもいいですが、効果が遅いです。

歯を洗ったら徐々に回復しますので、安心してください。みんなは注意して、歯の結石は一定の時間の内に弁済の作用を持ちますが。しかし、時間が長くなりました。絶対に大きな被害です。ですから、長い痛みは短い痛みよりも、歯の結石を洗わなければなりません。
歯を洗うのはマイナスの影響がありますか?
https://www.shikasale.com/category-174-b0-%E5%A2%97%E9%80%9F%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB.html
一部の人は歯を洗うのは有害だと思っています。歯の表面の釉薬質を壊すと思っていますが、これも間違いです。歯の釉薬質の硬さは、歯を洗う道具よりはるかに大きく、これらのものは歯に肉眼で見える傷を形成することができません。歯を洗った後、歯の表面が滑らかではないと感じるのは、歯垢が薄いためです。

高倍顕微鏡で観察すると、歯を洗った後の歯の表面の粗さが少し増えます。だから、歯を洗った後には磨きの一環があります。研磨した後、顕微鏡を使っても跡が見えなくなり、歯の表面ももっときれいになります。

口腔潰瘍は風邪と同じです。
口腔潰瘍(通称「口腔瘡」)は口腔内科疾患の中で最も一般的な病気で、学名は「口腔粘膜潰瘍」と呼ばれ、風邪のように多く見られます。ほとんどの人は一生の間に潰瘍の経験があります。人の群れの中で、その発病率は20%で、再発性口腔潰瘍で最も多く見られます。中国の若者が最も採用しやすく、男女の比率は約2:3です。

西洋医学の角度から見て、増速コントラアングル口腔潰瘍は口腔の粘膜の“穴を開けました”です。この穴は深くて浅いことができます。小さいのは麦の粒のようです。大きなのは大豆のようです。漢方医は口腔潰瘍に対してもとっくに記録があって、それが心、肝臓、きも、脾臓、胃、肺、腎臓などと関係があると思って、いつも上述の臓腑の機能が乱れている時に出します。


同じカテゴリー(dental)の記事
 虫歯ができやすくなり (2019-09-19 15:47)
 基礎治療 (2019-09-18 11:16)
 子供の歯の矯正後のケア (2019-09-16 11:46)
 妊娠中によくある歯の病気 (2019-09-15 10:06)
 隣の歯も腐っています (2019-09-14 11:37)
 実際に口臭の原因は様々です (2019-09-12 12:02)

Posted by toolsalejp at 12:32│Comments(0)dental
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。